<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
::*:: ÅviСha ::*::
可愛いキャバリアのアヴィ・チャウとの奮闘記&mёmёの独り言
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
報復ふたたび・・・やっと読破
報復ふたたび
報復ふたたび

最近色々あったせいか、
日々忙しく過ごそうと極力外へ出ていっぱい歩いたり
車を運転したり・・・・・・ちょっと現実逃避デス_(^^;)ゞ

そんな中、『報復ふたたび』をまた読み始めました。

(前作の『報復』はとても怖く、お風呂で目を瞑る事も恐怖で
 それでも朝方までお目目ランランで読みきってしまった。w
 とにかく残酷なんです・・・女性だと余計なのかなッ。
 一人で過ごす夜なんて・・・とても怖すぎです、暗くするのも。)

読み出したらまた恐怖の世界にどっぷり浸かる・・・
それを思うと、凄く『報復ふたたび』が気になって
どうしようもなかったのに・・・なかなか読み出せなかった。(苦笑

この中には、主人公(CJ)の心境
(恐怖、切なさ、憎しみ、絶望・・・時折、喜び・・・)
色んな感情がとても分かりやすく書かれているので
頭の中に全て映像として流れてきます。

本当に女性が書いていると思えない残酷さですよ。(苦笑

でもアメリカ社会ではきっと日常茶飯事な事なんだと思います。
この作者も元検察官、スト―リ―の主人公の女性も検察官。
だから余計生々しい事が書けるのかもしれない。

私はここで出てくるドミニクという男性がとっても理想で、
とにかく素敵な人なんです。
その人が早く出てこないかとワクワクするくらい_(^^;)ゞ
主人公の女性の気持ちも・・・分かるなァ〜って思う事が多々。
弱さを見せると崩れてしまうから
強いとハッタリかまして生きてる所なんか・・・ねぇ。w
この作品の彼女のハッタリは普通とは勿論違いますけど。
あんな悲惨な過去があるんだもの・・・・・・・・。

彼女のように人生を狂わされた女性たちが
世の中に物凄くいる・・・そう思っただけで悲しくなります。
男の欲望の為に犠牲になる女性たち・・・本当に絶対に許せない!!!

これはフィクションです・・・・・でもきっと・・・
ノンフィクションもありなんぢゃないかな。
確かに盛り上げる材料は揃いすぎてるけどねェ。

ここに出てくるもの全てが嘘か本当か分からなくなります。
裏社会の実情はこうなのかもしれませんが・・・・。

作品の内容は明かしません。
勿論興味がある方だけ読んでいただければと思います。
心臓の弱い方はやめた方がいいでしょう。
洋物なのでね、遠慮なしに容赦なしに書かれていますo(- -;*)ゞ


これが映画化されるという話があるそうです。
私は映画になっても絶対見ません。
自分で作った映像が崩されるのが許せない。(苦笑
特に大好きなドミニクを誰が演じるか、
美人のCJを誰が演じるか、
それだけでせっかく自分なりに出来上がったものが
違うものになってしまう気がして(-。-;)
やっぱりR指定になるんでしょうかねェ・・・。


これの続編を探しているんですが、
まだ出ていないのかどうなのか・・・・・・。

次は違う登場人物みたいですが。(残念

でもジリアン・ホフマンの作品なら是非読みたいです♪

この作品はどこの評価を見ても本当に高かった!!
さすが、45万部突破☆(実際はもっといってるんぢゃないかなッ?)



( ´△`)アァ-、本も読んぢゃったし・・・
明日からどうしよっかな〜。
他の作品にはまだ手を出したくない気がするし。(余韻?w
オススメ *book* | permalink | comments(2) | trackbacks(56)